鎌倉市待機児童ワースト2はなぜ?

4月1日現在の保育所等利用待機児童数が発表されました。鎌倉市は前年同時期に比べ19人減の59人となりました。

◆内訳は、0歳・8人/1歳・33人/2歳・16人/3歳・0人/4歳・2人/5歳・0人

4月に開園した浄明寺雲母保育園、北鎌倉保育園里の森、岩瀬グローバルキッズ大船園、小規模保育園から認可園に拡大した手広まんまる保育園を含め、217人分の受け皿を確保しましたが、県内ではワースト2位の低迷です。

保育所等定員数2858人に対して、入所児童数は2794人で、受入率は97.7%。1,2歳児の待機児童が生じる一方で、4,5歳児では幼稚園を選択する家庭も多いため、定員割れしています。これまで保育所整備を進めてきましたが、今後の待機児童対策は、既存の園を活用しながら保育士を確保することに力を入れていくとのことです。0~5歳までのバランスを考えた保育士の確保が求められます。