ゲノム編集された食品は本当に安全?

ネット鎌倉では、「食の安全を考える会」代表 野本健司さんを講師に招き、ゲノム編集食品学習会を開催しました。

日本では 2019 年10 月からゲノム編集食品の流通や販売が解禁されました。ゲノム編集食品と遺伝子組み換え食品の技術は一緒で、EUなどでは同じ扱いとしています。しかし、日本では別扱いにすることで安全性を主張しています。ゲノム編集は、人を含む生物の ゲノム(全遺伝子情報)を自由に編集する技術で、急速に普及発展しています。遺伝子を切断することで特定の変化をもたらしますが、日本は安全性審査をせずに認可しています。理化学研究所の研究では、標的とする配列以外のゲノムの領域に意図しない突然変異が導入される問題(オフターゲット)について指摘し、 予期しないタンパク質の発現を確認することも重要だと示しています。ゲノム編集の利用にあたっての警告を鳴らすとともに、生物の基本が書き直される可能性についても懸念しています。

私たちにできることは、

①国内自給率を向上させる多様な取組みを進める

②ゲノム編集されていないという表示を義務化し、編集された食品の情報公開を求める

③遺伝子を操作していない食品を食べることで拒否の意思表示をすることです。

今後も食の安全を守る活動に取り組んでいきます。