鎌倉市今泉台で地域の居場所づくり

2018年5月19日 22時20分 | カテゴリー: 活動報告


高齢化の進む今泉台を暮らしやすい街にしよう!ということで空き家を活用した地域の居場所「6丁目クラブ」に伺ってきました。

子どもから高齢の方までが集り、楽しくおしゃべりできるコミュニティカフェです。住民4人が中心となり、2016年11月から非営利で運営を始めました。

自然に囲まれてた2階建ての居心地の良い住宅です。見学の日も次々と近所の方々が集まり、とても賑わっていました。

私達は600円の本日のランチをいただきました。品数が多く、素材を生かした美味しさでした。コーヒーや手作りケーキなど、カフェとしても楽しめます。

そして、近隣へお弁当を配達するのサービスも行っています。こちらはひとり暮らし高齢者の見守りや安否確認の役割も担っています。

見学に行った金曜日は週に一度の「放課後クラブ」として16時から18時まで小学生の居場所として解放しています。卓球やプラ板作り、折り紙などをして子ども達は過ごしているそうです。元そろばん・英語の先生がいらっしゃるそうで、勉強も教えてくれて17時からはおにぎりの提供もしてくれています。(無料です!)

その他にも定期的に講座を行なったり、レンタルスペースとしても活用されています。

 

去年(H29年)1年間の開店数は260日で利用者は3899名。

放課後クラブは51回の開催で484名の利用があったそうです。

 

こうしたコミュニティ・カフェが地域の人たちをつなぐ貴重な地域資源であることが、実際に行ってみてよく分かりました。また、担い手の方たちが長年にわたる地域活動で培った信頼関係やネットワークが、このような素敵な居場所に実を結んだと感じました。