「2016年度政務活動費市民公開」に参加

2017年7月25日 22時02分 | カテゴリー: 活動報告

 神奈川ネットでは、毎年、所属議員の政務活動費の成果物・会計諸表・領収書の市民公開を行っています。2016年度分は7月25日に行なわれましたので、初めて参加しました。鎌倉でも8月5日(土)10時から12時の間、ネット事務所で行います。

 政務活動費は議員の第2の給料とも言われ、報酬とは別に議員に支払われます。しかも課税の対象ではありません。自治体ごとに条例で金額が決められ、鎌倉市の場合は1か月5万円で、通常4月に1年分(4月から翌年3月まで)の政務活動費60万円全額が支給されます。2回に分けて支払われる自治体もあります。横浜市は1か月55万円も支給され、鎌倉市議の月額報酬より多いことに驚きました。

 数年前に、政務活動費の不正が明らかになって号泣会見した兵庫県議は、切手を多量に購入していたことを思い出しました。切手の購入は不正受給に使われやすいと聞いたことがあります。領収証だけではなく、いつ何のために何枚使ったのかを明らかにしないと、疑念が持たれます。政務活動費の収支報告書には、領収証の添付に加え政策立案過程がわかるものや成果物を付けて説明責任を果たすべきと考えます。