いじめ対策に第3者機関の設置を

2017年3月7日 21時33分 | カテゴリー: 活動報告

 福島から避難している子どもに対するいじめや、沖縄では友だちを暴行している映像を撮って流すといったことが問題になっています。子どもの行動は、大人の社会に影響されていると思います。子どもは、産まれてきたときはどの子も純真で、育つ環境の中で、他人を思いやる心や物事の善悪を学んでいきます。子どものいじめは、大人の社会の問題ではないでしょうか。

 いじめられた子どもへのサポートは言うまでもありません。不登校の引き金になり、トラウマが残らないようにケアが必要です。同じように、いじめている子どもの心をほぐしていくことも大切なことです。

 学校で起きている事柄を学校関係者に相談することなんて、考えにくいことです。学校や家族と関わりを持たず、秘密が守られる第三者機関を設置し、相談を受け、真実を調査し、背景にある課題を解決するしくみが必要です。