独りぼっちにさせない子育て支援

2017年2月28日 22時28分 | カテゴリー: 活動報告

 待機児童対策がクローズアップされていますが、子育て支援事業も欠かせません。核家族化や一人親家庭の増加、さらに近所とのつながりも希薄で、母親は孤立した子育てをしています。子育て中の親がストレスを抱え込まないように、悩みを相談し、サポートが受けられることが大切です。

 子育て支援センターや子育てひろばなど、親子で交流でき、気軽に相談できる場所を地域に増やすことはとても重要です。また、産前産後の家事・育児支援、緊急時や育児疲れ解消のための一時預かり制度、地域のたまり場つくり、配慮が必要な子どもの支援など、何か困った時にすぐ支援が受けられる体制が必要です。

 一人ひとり抱えている課題が違うと思います。さまざまなケースに対応できる子育て支援となるよう、子育て現場発の提案をしていきます。